池田住宅建設TOP > 家づくり無料情報誌『メリット通信』ブログ版 > メリット通信バックナンバー, 素晴らしき哉!! 「建築用語」の世界 > 「建築用語」の世界 −か−


「建築用語」の世界 −か−

 −「か」−
 

 『,ね(矩)』 
  
 家づくりで最も頻繁に使われるであろう言葉。差し金(大工さんの定規)のこ
 とを指したり、直角(90度)を表すときにも使う。もしこれから家を建てるの
 であれば、この言葉は覚えておいて下さい。
 大工さんにちょっとだけ自慢できます。

 『△ねこうばい(矩勾配)』 

  上記の矩(かね)の派生語。屋根勾配などで用いる言葉。45度勾配のこと。
 「あれ? 90度じゃないの?」と思われた方は良い線いってます。
 実は屋根の交わるところ(てっぺん)が90度になっているのです。
矩勾配


 
 『かなばかりず(矩形図)』 

 これも超有名な言葉だが「どんな図面なの?」と思われる方も多い。
 
 簡単に言うと、建物を垂直方向に切った断面図。
 建物の高さの寸法(地盤面、基礎高、床高・窓高・天井高・階高・軒高)
 高さ関係と軸組みと小屋組み・床組みの納まり基礎、屋根・天井・外壁・内壁
 ・開口部の納まりなどを示すスーパー図面。

 『いきおとし(掻き落とし)』 
  
 住宅の外壁や塀などの塗り壁に用いられる仕上げの一種。
 表面をブラシなどで掻き取り、表情に変化をつける。

 
 
 『イさぎ(笠木)』 
   
 ベランダや手すりなどの上端に取り付けられる部材。
 アルミや木でできていることが多い。       


 『Δそう(家相)』 
  
 一般的には建築屋泣かせとして有名な、吉凶に関係があるとされる、
 家の方向・位置・構造などを見る学問。
 実際の建築においても「なるほど〜」と思わされる部分も多い。


 『Гなづち(金槌)』 

 ハンマーとも言うが、日本古来のものはこう呼ぶ。
 別名として玄翁(げんのう)とも呼ばれる。
 すました顔で「ちょっとそこの玄翁貸して。」などというのが粋である。
 由来は玄翁和尚というお坊さんが、殺生石を叩き割るのに金槌を用いたか
 らだそう。

 『┐りすじかい(仮筋交い)』 

 建物の建て起こし時に、立ち(垂直)が狂わないように仮でとめる筋交い
 のこと。
 本筋交いを入れた後は外してしまう。

 『がんすいりつ(含水率)』 

 その材木に水分がいくら含まれているかを示す数字。%で表される。
 建築建材として最も理想的なのは18%前後。含水率が高いと木が暴れだし、
 逆に少なすぎると加工がしにくい。

 『かんばつざい(間伐材)』 
 
 林産地において、木が生い茂り全体の成長が悪くなるのを防ぐために間引
 かれる立木のこと。この間伐材はリーズナブルな価格で流通するため、
 建材に限らずいろんな用途に利用されている。

 『かがわのぞうに(香川の雑煮)』 

 私の出身県である香川県は「地味」とか「小さすぎて見えない」などの不
 当な扱いを受けているが、『讃岐うどん』と並んで有名なのが『あんこモ
 チ入りの白ミソ雑煮』である。
 「おえっ!」という顔をされる事が多いが、この雑煮の魅力をなんとして
 もお伝えしたい。まず第一にその耽美な容姿は南フランスの・・・(省略)


人気blogランキングに登録しています。クリックで応援お願いしま〜す!

2005年10月31日 09:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ihb.co.jp/mt/mt-tb.cgi/199



池田住宅建設TOP > 家づくり無料情報誌『メリット通信』ブログ版 > メリット通信バックナンバー, 素晴らしき哉!! 「建築用語」の世界 > 「建築用語」の世界 −か−