池田住宅建設TOP > メリット通信 > メリット通信2010年12月号

メリット通信2010年12月号

池田

ー家づくりー


 皆さま、こんにちは! 池田です。 
いよいよ12月です。今年もわずかになりましたが、振り返ってみると「今年も沢山のお客様といろいろな形での打ち合わせをさせて頂いたな〜」なんて思い出していたんですが、ちょっと気付いた事があったので書いてみます。

家づくりがスタートすると 長〜い 長〜い 打ち合わせが始まります。ある程度間取りが固まると、また違うことが頭をよぎり、やり直します。

 『これで本当にいいのか?』
 『これが最後の家づくりだぞ、後悔は無いのか?』
 『でも何度も間取りを変えてもらうのも申しわけないし・・・』
 
などなど、色んな事が頭をよぎりながらゴールを目指して進みます。家づくりで間取りの打ち合わせが始まると、お施主様の目的が変わります。きっと頭が間取りの使い勝手優先に切り替わるからなんだと思うんですが、急に現実味が出るんでしょうね。


打ち合わせが進む前、つまりお施主様が誰(工務店やハウスメーカー)に家づくりを託すか決める前には、価格や工法などに興味が集中しますが、信頼できる先をある程度決めた後では、一生付き合う間取りに向き合うようになるからなんでしょう!

間取りと言っても年齢によっても様々です。ご年輩の方は豊富な実生活でのご経験がありますので、
 
 『それは必要はありません!』
 『これは絶対に必要だから、どうにかして欲しいわ。』

と取捨選択がはっきりとしておれるのが特徴で、比較的打ち合わせはスムーズです。間取りの打ち合わせ中にも自らの立ち位置を頭に描きながら仕上げていかれるのが特徴です。

小さな子供さんがおられる、初めてのマイホームを計画される方は悩まれますね〜。初めての経験ですから誰でも悩みます。昔と違い、住宅雑誌やインターネットと集めようと思えばキリのない程、沢山の情報が集まる今の世の中です。

その溢れる情報から本当に自分にあった情報だけを精査するのは、 至難のわざ、到底不可能です。知らず知らず迷路に入り込む事になるんですが、これは仕方のない事だと思います。

その迷路から本当に必要な物をどうやって見つけ出し、脱出するのか? そこが一番難しいんですよね?

ですが、経験に勝るものはなし!とはよく言ったもので、建替えを検討されている方々の要望は実に明確です。

・庭をできるだけこのまま残したい!
・寒い、暑いから開放されたい、それも寒いのは絶対にいや! 
・頑丈な建物でメンテナンスが楽であり、費用が極力かかりにくいもの!
・ランニングコストがかかるものはいくら便利でも必要は無い!

どうです? 明確ですよね。私達もココまでビシッ と言って頂けると非常に助かります。大まかな間取りがある程度見えてくると、後は実生活をする上で必要な設備関係に移りますが、ここでも取捨選択がはっきりとしており、豪華な設備にはあまり興味がないようで、使い勝手を優先させながら、チョイスしていかれます。

 さて、いよいよ、間取りが決まると建物の安全の為、構造計算を行います。

沢山の時間を使い必死に悩んで考えた間取りなので、出来ることならそのまま建てたい!と言うのが、お客様の願いです。もちろん私達もその間取りの打ち合わせにお付き合いさせて頂いたので、お客様の想いを十分に理解してます。

ところが構造計算してみると、木造の2 階建て(注)なのにいつも問題があります。

(注) 建築基準法には、一定の大きさの木造の2 階建てまでの建物には、特例として構造計算をしなくてもいい? (かなりわかりやすく説明)という理解しにくい法律があります。

大丈夫と思っていた場所に大きな力がかかり、十分な耐力が得られない事や、明るさを重視するが為に一部の場所に窓を集中させてしまったので、極端にその周辺が弱くなりバランスを損なったりと様々な問題が発生します。

折角膨らんだお客様の家づくりのイメージを壊さなければ行けない事を伝える、とっても、つら〜い時期でもあります。
 
と思っていましたが・・・ どうやら最近は少し違うようで・・・

苦労して決めた間取りなので、簡単には譲れないだろうな〜 なんて考えておそるおそるお客様に・・・

私   『申し上げにくいのですが、ここの梁が○○ではたわみが多すぎて、どうやらダメなようなんです。こちらに追加で柱を追加して頂くか? 吹き抜けをもう少し小さくして頂くか? 少し計画を変更しなくては、いけないのですが、よろしいでしょうか?』

お客様 『具体的にどうするのが一番なんですか?』

私   『一番間取りが変わらないのは、ここに柱を追加することですが、イメージからは遠のきます。ですから・・・』

お客様 『ちょっと待って! 建物の為に一番良い方法が柱を追加する事なんですか?』

私   『ええ そうなんですが・・・』

お客様 『だったらそうしてくださいよ。 池田さん。 』

私   『えっ・・・でもいいんですか? この開放感が柱一つでかなり邪魔すると思いますが・・・ それにあれほど苦労して何度も考えた間取りなんですよ。』

お客様 『でも、そのままでは危険なんでしょう? だったら仕方がないでしょう?私達が望んでいるのは、格好のいい家ではなく、安全で快適な家なんですから、問題はありませんよ。そのようにしてください。』

と言うように・・・  このようなケースは建替層のご年輩のお客様に多いパターンのようです。

 デザイン優先で家づくりが進む事が多い一時取得のお客様の場合は、構造計算により間取りに変更があるような場合には、「イメージを崩さないようにどうすればいいのか?」という新たな打ち合わせが続くことが多いです。

 ひとつ言える事は、お客様は自分達の家を建てる時にどなたにおいても、『危険な家は望まない』 という事です。 

『当たり前でしょ!』ってお叱りを受けそうですが、もちろん極めて当たり前の事ですで、数千万円の大金を払いながら、『危険な家』を望む人はいないですが、しかし全くデザインを無視してまで、『頑丈で安全な家』を望まれる方も少ないんです。

特にここ最近のデザインブームにより、提案力に欠ける工務店は苦戦に苦戦を重ねています。だから、『危険な家』と思っても、お客さまに断られる事が怖いので、イメージを優先させたまま進んでしまうことが多いようです。

私達も構造計算により、図面に変更が生じることをお伝えする時には、いつも覚悟をしてます。(ひょっとすると、それが原因でお断りされる可能性がありますから・・・)

でも、ハラハラ、ドキドキしているのは私達の方で、恐る恐る申し上げてみると、案外あっさり冒頭のような会話になることも多いのです。
 
お客様より私達業者側の方がイメージに振り回されているのかもしれないなぁ〜?
最近そんな風に感じることが多くなった感じがします。

 さて、本年は皆さまのお引き立てを頂きありがとうございました。下記のように正月休みを頂き、又、来年からも少しでも皆様の家づくりのお手伝いをさせて頂ければと思っております。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

池田




年末年始の休業のお知らせ

当社は誠に勝手ながら、下記の期間を年末年始休業とさせて頂きます。
【休業期間】2010 年12 月29(水)〜 2011 年1 月5 日(水)
尚、12 月28 日(火)は大掃除のため、通常業務を行っておりません。
1月6 日(木)より通常営業となります。
期間中に頂きました「お問い合わせ」につきましては、1月6 日より順次対応させて頂きます。
大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご容赦下さい。今後ともよろしくお願い申しあげます。




そこそこ混んだ電車 ( 新快速でしたのでしばらく停まりません) の中で気分の悪くなった方がいらして、( はじめは何かこぼされたのかと思いました) 手持ちのティッシュを ( このところおなかの調子が悪いので熱くなったりきりきりもするのでこのあと一日、もつか心配だ、と思いながらも、それゆえ携行していましたがそんなこと言っている場合ではないので2 つとも) 使ってもらったのですが、それではとても足りずお洒落なお父さんらしき方が ( お洒落)長袖の下のシャツ、だけ、を窮屈そうにもぞもぞミノムシ器用に脱いで床を拭き拭きされて京都着。バスに乗り、銀閣寺、というか哲学の道に行くつもりで来たバスに乗ったらばそれは金、金閣寺に行くバスでした。動き出してからアナウンスで気付いて府立植物園、とのアナウンスもあり、ならばとそのままそこに行くことに。自販機で1 人200 円か300 円でしたか、中に入ると、手書きのイラストで示された案内図が置いてあり好きでないとあんなん描けないだろうと思います。効率効率、効率で言えばどうでしょう?バタフライ効果とか言ったりするので、風が吹けば桶屋が儲かる、と言ったりしますので長期で見たらばどうだろう、切迫してればどうだろう、とぶらぶらしてると外国の方もちらほら5 組、6 組かもう少し見かけて日本への旅行、今のレートだとしんどいだろうとは思うけれども、それはお互いさま、とはいえ個人の枠ではちょっと気の毒。帰りの電車を降りて、改札を出るまえにトイレに行って済ませてぱっと見たら棚というのか ( 小便器正面、構えて目線にあるちょっとした仮置き用の) 段に財布か定期入れ( 皮製、茶) が置きっ放しになっていて忘れられていてやれやれ・・・・・いつかまとめてなんかいいことが、まとまったなんかがあったらいいなと思いました。はっ!と気付くとぐるっと一周12 月 ( 今日まだ11 月です) 、年末です。少し気が早いですが余っ程待ち遠しいみたいですが25 日は池田住宅の忘年会、今年は今年も飲みすぎぬ、飲まれすぎぬ由。お酒の失敗談を聞くにつれ、溝にはまったとか落ちたとか入院、けんかして殴られて歯が折れた、とか聞くにつれどっちの経験もないですが喧嘩、とかはちょっと無いと思いますが何があるか―何に因らず―わかりませんので気を引き締めてことに臨みたいと思います。そして旅行の準備、昨日は本屋に寄って、地球の歩き方を購入。たぶんこの間の上高地からの帰り、松本からしなので名古屋に着いてそのあと新大阪までののぞみの網、座席まえの網に忘れてきたような気がします。まえ買ったのにおんなじのをまた買うのってなんかすっごく勿体ないような気がしてだいぶ探したのですが、たぶんそう新幹線だと思います。3 列シートでひとつ開けて背広を着て窓際横っちょの金物にコートを掛けた方がいらしたので忘れてますよ?と声を掛けてくれても良さそうなもの、とはいえそんなんいっつも気付くとは限りませんし、雑誌を捨てて、読み捨てて降りた、ようにも見たら見えるでしょうからこれはちょっとした言いがかり恨みつらみ。合わせてちょっと考えてからソウル版も買いました。たった数日のことなのにあれですが、図書館で借りるにもやはり皆さん考えることは同じらしくて、新しいのでなくとも少し古くても、と発行年度を遡ってみてもやはり軒並み予約待ちでした。予定では金浦空港着が13:00。( たぶん) 荷物を引き取り市内へ移動。夜までぶらぶら。 ( 荷物をどうするか、大きなコインロッカーなどあるのか要確認) 美術館に行くことにしたら観てるあいだ受付で預かってもらえたら助かります。もともと復路、帰りに寄るときサムスン美術館には行くつもりだったのでそれも一案、でも日曜日なので混んでいるのかもしれません、建物自体有名な3棟、きっとなんにもわかりませんがじっくりゆるりと観たいです。梨の名の付く女子大 ( お嬢さんのお金持ちの学校らしいと読みました)地下に潜ったような建物も。あとなんかおいしいものあったかいちゃんとしたものが食べたいです、キャベツキャベツはもう嫌です。戻って鞄、( そういえば、先日のカメラの鞄、片肩掛けタイプの鞄を使い始めてから、肩こり、肩がだるいです、人間の身体というのはえらいもんです) かれこれ7,8 年のスーツケース ( 銀色・ジュラルミン
製) 、たまたまでしょうが、以前ライアンエアーという大手格安航空会社を利用したとき、降りて待ってて出てきたこの鞄を回転台から下ろして持手をすっと伸ばしたらすこんと抜けて、ぶらんぶらんとアーム部片方が折れてたことがありました。しようがないので伸ばさずベルトを渡して引っぱってとぼとぼ旅行を続けたことがありました。ベルトはぼろぼろになりました。帰ってきてから修理に出しました。各所凸凹していて擦り傷や錆び線、検査済みシールの貼られた剥がし痕、などもあってなかなかあれです奇麗というのか美の壷、じゃないですがなんか頼りがいのある印象、見習いたいものです。でもこれで行ったらなんかハードすぎでは?爆弾入っているんちゃうやろうなあ、と思われたりしたら―もちろんどうせ一式全部開けられて隅から隅まで靴脱げあれ脱げこれ何やこれは何?とチェックされるのだろうけれども―困ります。リュックサック (LL かXL ?リットル表示?登山メーカーとかの) にした方がよいのかどうかでも施錠出来ないと盗難とかはどうなんか?外国の空港だと ( 単なる噂、偏見なのかもしれないですが)荷物運びの段でものが無くなるとか聞きますが大丈夫なのでしょうかどうでしょう。ソウル市内から仁川空港まではネット情報によると結構遠いらしくて、2 時間くらいは見といた方が良いみたいなのも読みました。出発の定刻が23:55 なので出来ればちょっと早いけれど ( 外国だと結構あたりまえに時刻変更、ゲート変更されたりする印象があり) 3 時間まえくらいには到着しときたい ( おおよそ× おおよそ) と計算、引算したらば19 時過ぎには空港に向かう必要があり、 なんか思ったよりもあんまり時間がないみたいです。日本発の便で向かうよりもここまで来てから向かった方が安価( 別々で航空券を購入)、the ハブ空港、とか言っても良いのか分かりませんが、トランジット ( 乗り継ぎ便待ち) なうとかケバブなうとかサらッ、とtwitter をやってみたりあえてやってみたり、はたぶんしません出来ません、が外国の空港とか市内では無料のwifi 接続、無線LAN の接続がわりとつながるらしいのでそれも考、とカメラ。円高に乗じて奮発してえいやあレンズを買ってしまおうか、24、ミリか50 ミリかのレンズ、にしようか初心者は、新人さんならまず50 ミリ、単焦点の50 ミリ、ズームの効くレンズは便利でもとにかく足で稼ぎなさい自分で動いて撮りなさい、というよな記事をちょいちょい見かけるのですが ( 人間の視覚の画角?がだいたい50ミリくらいだそうで、その場で見てるのに近いのが映る、そうですですがならば尚更) よその土地、知らんところに行ってはじめて行っての50 ミリがなんかあまりに図々しい、というのか憚りながら遠慮している、ふりしながらの24 ミリ ( より広い範囲が映ります、たぶん何歩か下がったような見付け、とは角度なのでちょっと違うのでしょうがとにかくそれ) にしようか、とも思っています。それと日本製のレンズを遠回り、わざわざ外国のお店、ホームページからドル建てで買って送ってもらうのはほんとは細かなことを言ったらばどうなのか良し悪し、非ず( あらず) 罰当たり、にあたるのでしょうかどうでしょう?巡り巡って同じことなのでしょうかどうでしょう?少なくとも地産地消には反する、エコ ( ロジー) でない、みたいな気がしないでもないですがだって総額がだいぶ違うのですから困ります。旅行に行くのん来るの、移動がそもそも不自然な気( きい) がしたりもし、また関係のない話で恐縮です。(木場)




西村大工
(西村)

国民読書年


 まだ他に現場は残っていますが、先月の同じ日にマンションリノベーション2つの現場(まだ手直しなどは残ってます。)の引き渡しが無事に終わって、ちょっと気が楽になり「一息できるかなー?」というより「一息つきたい!!」気分です。

1012-01.jpg

 先月からハリーポッター最終章“死の秘宝パート1”の映画が始まったけど、まだ前作の“謎のプリンス”を観てなくて、ちょうどいい機会だから、謎のプリンスの本を読み始めました。

この本は、発売された時に買って一度は読んだんですが所々忘れてる場面や話があったけど2度目に読むと頭の隅っこに有ったのか前より読み易くてすいすい読めました。

そのまま、次の死の秘宝も読むとやっぱり、映画を観たいと思いました。


 映画の話で思い出したんですが、先日本屋さんに行くと有川浩さん(女性)の“阪急電車”という本が目に止まり手に取って見てみると阪急今津線の宝塚から今津までの駅一つ一つが出てくる小説で、その本が映画になるみたいです。

西宮の広田神社で撮影祈願をしている新聞の記事が有ったので、もしかすると、本当に映画の撮影も今津線の電車の中でするのかなー? それかセットでするのかな?

もし宝塚で撮影するのだったら一度見られるか分からないけど見に行きたいと思っています。

 話は変わりますが、今年は国民読書年だそうですね? だからではないですが今年20タイトルくらいは読みました。私なりにはけっこう読んだ様に思います。


私のおすすめは、鈴木光司(“リング”“らせん”等)、万城目学(“鴨川ほるもー”“プリンセストヨトミ”等)それと東野圭吾(ガリレオシリーズの“聖女の救済”“名探偵の掟”等)と言いたいけど皆さん知ってると思うので・・・

1012-04.jpg

京極夏彦の京極堂シリーズをおすすめしたいです。

漢字や言い回しが分かりにくい所もありますが、昔からの妖怪の特性と殺人事件をからめて事件を解決していくのが読んでておもしろいです。

中でも“笑う伊右衛門”という古典怪談の“四ッ谷怪談”を新解釈した本です。

怖くはなくて切なくて悲しい内容の本です。

今年ももう少しですが、あと2冊は読みたいです。




横山横山

「お引き渡しラッシュ」


 もう12 月です。今年もあっと言う間に終わろうとしています。時間の流れがどんどん早くなっていく感じですが、今年は特にお引き渡しのラッシュが加速度を上げているようです。

11 月末、マンションリノベーション(間取りまで変えてしまう大型リフォーム)のT様とK様のお引き渡し。12 月初め、戸建のリフォームのK様と、新築2世帯住宅のT様のお引き渡しが続きます。

そして12 月24 日、クリスマスイブにマンションリノベーションのI様のお引き渡しが残っています。こんなに押し詰まってのお引き渡しはさすがに初めてで、無事その日を迎えられるかかなり不安です。

そんな中、戸建の新築K様の着工や同じくF様の地盤調査、そしてマンションリノベーションのI様の着工と続きます。

 池田住宅でご注文頂くお客様は、長くお付き合いをさせて頂いている方が多いのですが、今回2世帯住宅のお引き渡しをする神戸のT様は、2004 年に新築工事をさせて頂いたK様の奥様のご実家です。

ご実家の2世帯住宅への建て替えにあたり私どもをご紹介頂き、2008 年11 月に初めてお邪魔をして以来、同居される息子さんご家族が金沢にお住まいな事もあり、お打ち合わせもゆっくり進み、足掛け2 年やっと建物をお引き渡し出来る事になりました。

もちろんどんな仕事もうれしく有難いのですが、「OB施主さんのご実家を建て替えさせて頂ける。」「OB施主さんのご紹介。」なんて、やはりとてもうれしい事です。

ただ、少し不安な事があります。現場近くに仮住まいされているお父さんやお母さんは、ちょくちょく現場をのぞいて下さっているので、現物を確認して頂いていますが、金沢にお住まいの息子さんご一家には、お嬢さんの受験間際という事も有り、まだ一度もご覧頂いて無いのです。

お譲さんの受験が終わった来春に初めてご覧になるのですが、お打合せ時に持たれたイメージ通りだったら良いのですが・・・。

 又、2008 年の土佐ツアーにご参加頂いたリタイア世代の三田のK様は、現在のお住まいのリフォームか? 九州への移住か? 「迷っているんです。」と仰っていました。

それが今年2010 年1 月に、近くにお住まいのご両親のこれからの事や、何よりお孫さんの魅力が最大の決め手で「移住を止めてリフォームをしたいんです。」とご連絡を頂きました。

立派な日本建築なのですが、とにかく寒いとの事で、寒さ対策と老後を考えてバリアフリーなどに重点を置いたリフォームをさせて頂く事になり、初めてお会いしてから3年近くでやっと完成しそうです。

お住まいになりながらのリフォームで、何かとご不自由をおかけして本当に申し訳有りませんが、後数日お付き合いください。よろしくお願いいたします。




野球大好き・力じまんの現場監督 井元
野球大好き・力じまんの現場監督 井元

リフォーム


 先月はリフォーム3棟、新築1棟のお引渡し、新築着工と大忙しでした。
特に最近、サッシや断熱関係のリフォームが多くなっています。やはり、エコポイントの影響が大きいようですね?

でもよその工務店も同じようで、エコリフォーム関連商品の品切れ状態が続いているようです。この前もペアガラスの発注をしたら、通常4日〜5日の納期が1ヶ月もかかってしまいました。

家電も同じ状況で量販店にエアコンを発注したら最短で来年2月位になるそうです。これだけ時間がかかってしまうと我々のような工期をお約束した工務店では、工期に間に合わなくなってしまうので困ったものですね・・・。

1012-02.jpg

リフォームというと、TV 番組の「劇的ビフォーアフター」が有名ですが、こんな記事を見つけました。 簡単に説明すると・・・

”瀉呂帽眥禳垢あるため家の中にある「70cmもの段差を少しでも少なくなるようにしたい。」というのがリフォームのきっかけだそうですが、全く解消されていなかった。
外壁の色が打ち合わせと違う。
1階は以前より寒くなってしまった。
ぢ荵絢垉ヾ悗膨敢困靴討發蕕辰燭箸海蹇基礎、耐力壁、 断熱、耐火などあらゆる面で瑕疵があった。

 など・・・。

この記事以上の事は分かりませんが、の原因は床下に断熱材が入ってなかったのが原因だそうです。

少し信じられない話ですね?
抗議しているそうですが、番組の回答は「建築基準法上は確認申請の必要が無く、また構造強度を現行法に適合させる法的義務は無い。」

確かに言う通りなんですよね・・・。 これだけ瑕疵があっても法律的には・・・。
この記事は1年ほど前の物で、今も問題なく番組を放送しているという事は、僕の想像ですが、おそらく施主さんの泣き寝入りなんじゃないかな? と・・・。

まさに、リフォームの最も怖いところで、現行の法律を改正しない事にはこういう問題は無くならないと思います。

有名なTV 番組がやっているからといって安心は出来ないという事ですね・・・。



特注金物大好き・納まりにこだわる 現場監督 軒
(軒)

『暖吉くん』


 こんにちは、現場監督の軒です。
だいぶ寒くなってきました。今年はすごく寒い冬になるみたいですね?

我が家では灯油ファンヒーターを11月中旬に出しました。まだまだフル稼働ではないのですが、朝少しだけ点けて寒さをしのいでいます。

この灯油ファンヒーターが登場すると、私の仕事が追加されます。
灯油を買いに行くのと、ファンヒーターに給油をするのが、私の冬の仕事なのです。(涙)
真冬になると頻繁に給油しないといけないし、買いにも行かないといけないので面倒です。

私はエアコンで暖をとってもいいのですが、妻はエアコンの暖房が嫌いで、エアコンを点けると「頭がボーとしてきた。」「喉が痛い。」など言いだすんです〜。

確かにお客様に話を聞いていても、「エアコンが嫌い!」と、おしゃる奥様方が多いように思います。エアコン嫌いの人に人気なのが、オイルヒーターや蓄熱暖房機です。

1012-03.jpg

空気を温めるのではなく輻射熱で壁や天井を暖め、部屋全体を温かくしてくれる暖房器具です。毎年紹介していますが、私たちがお勧めしているのが蓄熱暖房器の『暖吉くん』。事務所にも取りつけていて冬場大活躍してくれています。


事務所の暖吉くん、4kWです.。昨日、電源が入りました。→

『暖吉くん』をご紹介。
●電気で部屋を温める暖房器具です。
●一般の暖房器具のように点けたり消したりする暖房器具ではなくて、寒い季節はずっと点けて おく暖房器具です。

●『暖吉くん』を設置すると一般の電気契約から、時間帯によって電気料金が変わる、“季節別 時間帯別電灯契約”(はぴeタイム)になります。この契約形態になると、夜11時〜朝7時の 間、電気料金が通常料金の約1/3になり、その安くなった電気を使って暖吉くんの中にぎっし り詰まった耐熱レンガという特殊なレンガに熱をため込み(蓄熱)1日中部屋を温めます。

●輻射熱による暖房なので、自然なぬくもりを感じられます。

●「大きいです。」一番大きな奴で幅1.583mm×高さ645mm×奥行き320mmあります。

●夏、押入れなどに、なおせません。夏場でも『暖吉くん』は部屋にいます。

●暖吉くんは、重いので床の補強が必要です。

●コンセントに差して使用するのではなく、据え付けになるので電気工事が必要です。

●日によって暑くなったり寒くなったりする季節の変わり目では、少し扱いにくい奴です。


良いことばかりではないと思いますが、お客様には、『暖吉くん』は「自然な感じの温かさでいいわ〜」と言って頂き、すごく可愛がられています。

我が家に来てくれたら、私の冬の仕事が1つ減るのにな〜。『サンタさん〜。お願いします〜』。(笑)





池田住宅建設TOP > メリット通信 > メリット通信2010年12月号