池田住宅建設TOP > 池田住宅建設スタッフのブログ > 「早め、早めが肝心です。」

「早め、早めが肝心です。」

横山横山
  

新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 さて、昨年末、仕事だけでもバタバタなのに、あわただしい事になりました。
以前、冷蔵庫の買い替えをした事を書いた時に、13年使ったガスコンロの魚焼きグリルが壊れた事も書きました。

すぐにガスコンロと同じく13年使ったガス給湯器を入れ替えようと思いました。
ですが、ここで悩み始めてしまいました。次は、コンロも給湯器も電気に替え、オール電化にしようと思っていたのですが、昨年の原発事故です。

節電や電気料金値上げに「本当にオール電化?」、最近、よくご質問を受ける問題に直面し私自身、足踏みをしてしまいました。そこで、オール電化にしたい理由を考えてみると・・・

.┘灰ュートの効率が良いのと割引で、光熱費が安くなる。
▲灰鵐躰りの掃除が楽。
E漾結露しにくくなる。よく考えると、そんなに理由は多くありません。

,蓮∈廼畭膾絅スでも、エコジョーズという高効率の給湯器を使うと割引が利用出来るようになったので、ガス併用住宅でも何らかの割り引きが適用されるので、悩むところです。

IHか、スーパーラジエントヒーターが凹凸が無く掃除が楽と思っていましたが、最近のガスのガラストップコンロは、結構掃除、楽そうです。とここまで絶対ではない感じがしてきました。

でも、は、以前ガスや灯油のファンヒーターを暖房に使っていた時、窓にビッシリ結露していたのが今、エアコン(18℃設定)とこたつに替えて結露から解放されたので、コンロも水蒸気を発生する燃焼系のガスコンロから電気の物に替えた方がもっと結露しにくいよね〜。と思うのです。

ガラス表面などに出来た結露よりも、木造住宅でもっと怖いのが、壁の中に起きる結露です。壁の中には家の骨組みである柱や梁があります。木材が最も苦手とする湿気、結露を出来るだけ起こさないようにしたいと、やはりオール電化にする結論が出ました。

とここまで、色々考えている間に11月も終わり(嘘です。言い訳です。真剣に考えていませんでした。面倒なので先延ばしにしていただけです。)魚を食べるのをもう少し我慢して、入れ替えは来年にしようと思っていた12月の初め、朝、以前から兆候の有った左コンロが全く点かなくなりました。

イヤイヤ、これはさすがに困ります。形だけでもお節も作りますし、年末年始、大1と補助的な小1の2口のガスコンロでは・・・、第一こうなって来ると、他の2つもいつどうなるか分かりません。

という事で、急遽、IHを手配し、それでなくとも年末の追い込みで忙しい井元に頼み、クリスマス前の21日に交換してもらう事になりました。本当に困らないと絶対動かない・・・困ったもんです。

“紺屋の白袴”も言い訳ですが、自分の家の事は、ついつい面倒で後回しになってしまいます。
全然説得力ありませんが、皆さ〜ん、壊れて困る前に、何事も早め早めにご連絡下さいね〜。(苦笑)

池田住宅建設TOP > 池田住宅建設スタッフのブログ > 「早め、早めが肝心です。」