池田住宅建設TOP > 池田住宅建設スタッフのブログ > 塗装の高圧洗浄の大切さ

塗装の高圧洗浄の大切さ

野球大好き・力じまんの現場監督 井元
井元

 寒い日が続いてましたが、
やっと暖かくなってきました。

あっという間に、苦手な夏がやって来て、
あっという間に一年が終わりそうな感じでしょうか。

 先日、O様邸の塗装と屋根葺き替え工事をさせて頂きました。
事前調査で、屋根にかなりの苔と割れが有ったので、葺き替えをご希望でしたが、
「なぜこんなに苔が?北側には、時々そういう状況は有るけど、全体に有るのは何故?」

通常は壁の塗装と一緒に屋根も塗装でメンテナンスをする事が多いのですが、
厳しい状況でした。(10数年前?に塗装済みだが、再塗装不可の状況)

いよいよ、着工となり、屋根はカバー工法で葺き替えなので、通常は高圧洗浄はしない
のですが、,△泙蠅梁櫃梁燭気法苔が残ったまカバー?するのが気になった。
     ⊃人さんが滑って危険・作業性が悪くなる。
            と思ったので、屋根も高圧洗浄をする事にしました。

当日、現場のみんなが他の現場に出ていたので、久しぶりに?
自ら、洗浄のフォローをしました。高圧洗浄って、近隣対策が結構、大変なんです。

足場の養生シートだけでは、近隣に汚れた水が飛び散ってしまう可能性が有るので、
洗濯干場が近くないか? 駐車場が近くないか? 隣との距離は? 隣の窓の位置は?
 など確認・・・。

足場も通常より1M高くして、飛散防止対策をします。窓が近くにあったので、
ブルーシートで養生しました。

20240326_104050.jpg20240326_102318.jpg

その他、気になるところは、シートを移動しながら養生する事になります。
    職人さんはドンドン進むので、結構、大変・・・。
全体に苔がある状況です。北側の下屋根だけでなく、大屋根も全てという感じでした。

20240326_102305.jpg20240326_102230.jpg

洗浄後 苔のところは全て、塗装が剥げてしまいました・・・。
10数年前の塗装時に、苔が残ったまま塗装したのか?の影響力がすごいのか?
塗装時の高圧洗浄って、すごく大切なんです。

専用の洗浄機で、既存と汚れはもちろん、塗膜が剥げる位きっちり洗浄しないと、
いくら性能の良い塗料を使用しても密着不良(残念ながら現場調査でよく見かけます・・・)
が起きたら意味がありません。

大体、ありがちなのが・・・
養生が大変→飛び散らないように、ほどほどに洗浄→密着不良の原因になる。
という感じでしょうか?

この日は、雨が降ったり止んだりだったので、雨で濡れたのか、
高圧洗浄で濡れたのか?よく分かりませんでしたが、久しぶりの現場作業で、
べちょべちょのクタクタになりました。(笑)
OB様の塗装で年内はいっぱいになってますが、また現場で? 頑張りたいと思います!

池田住宅建設TOP > 池田住宅建設スタッフのブログ > 塗装の高圧洗浄の大切さ