池田住宅建設TOP > 平屋の家づくり 〜ニ地域居住の選択〜 > 平屋の家づくり

平屋の家づくり

5月の土佐ツアー

昨年、約一年間に渡り“私の終の棲家論”と題して私が勝手に描くリタイア後の夢や不安を書き綴りました。

それを読んでくださった方から、「私も同じように不安に思ってるの。」「今の家を建て替えようか、マンションに住み替えようか、迷ってるんです。」などとお話しを伺う機会が増えました。

5月の土佐ツアーには、偶然にもリタイア前後といった同世代の方が10名参加下さり、やはりそんな話題が上りました。

Sさんはリタイアを機に“今まで我慢してきた寒い家”の建て替えを当社に依頼いただき、竣工が間近でした。「S家の柱や梁のふるさと、土佐の山を見に行きましょう。」とお誘いすると、引越し前でお忙しい中、ご参加くださいました。その時に佐川プレカットさんからプレゼントされた杉板は、リビングのテーブルとしてS家の一員になっています。

Yさんは二回目の土佐ツアー参加。ご主人は実家の徳島でご両親が管理できない山から杉の切り出しをされ、ご実家のリフォームを最近済まされたそうです。奥様は「子供が就職や進学で家を出て寂しかったんだけど、最近仕事を始めて元気になってきたわ。」との事、「家が寒くて何とかしたいんだけど、まだ、建て替えか住み替えか迷ってるのよね〜。」

Tさんは郊外にお住まいで、「車に乗れなくなった時の不安はあるけど、周りに緑がある環境が気に入ってるので、これは捨て難いの。」と笑顔でおっしゃっていました。

Fさんは、ご実家の滋賀県への U ターンを計画されていますが、「とても寒いので暖かい家に建て替えたい!」と話されています。

私と同じ三田にお住まいのKさんは、現在のお住まいの寒さを何とかしたいとおっしゃっています。でもKさんは、リタイア後は九州に移住しようと、すでに土地を購入されているそうです。リタイアをしたらすぐに行こうと思っていらっしゃったそうですが、お孫さんの誕生や、ご両親の事などで、少し気持ちが揺れていらっしゃるそうです。

皆さんそれぞれに、リタイアを一つの節目として色んな計画を進めていらっしゃるようです。



Kさんがご自分で何度も図面を引いて造られた“平屋”の外観。

そんな中、ホームページを見て参加下さったKさんが、リタイア後を見据えて、白浜で“平屋の家づくり”を実行されたと聞き、白浜のお宅まで押しかけてお話を伺いました。

Kさんのお宅では、マイ温泉に浸かりながら“九日月”を堪能させていただき、新鮮なお魚をたくさんご馳走になりました。

っと、しっかりお話も伺いましたので、続きは来月号で…。




池田住宅建設TOP > 平屋の家づくり 〜ニ地域居住の選択〜 > 平屋の家づくり